フリースタイル分娩ができる|ストレスなく出産しよう

妊婦

自由な分娩の方法とは

おすすめのクリニックをこちらでチェックしておきましょう!フリースタイル分娩なら、自由な姿勢で赤ちゃんを産むことができますよ。

自分の楽な方法で

医者

今の時代、以前の常識にとらわれず自由なスタイルで物事を楽しむ方が増えてきています。それは出産の分野においても広がっており、本人や家族の意思を尊重した出産の仕方が選択できるのです。その中でも特徴的な分娩法がフリースタイル分娩と呼ばれるもので、これはママの負担の軽い体勢で出産できるというものです。一般的な分娩では仰向けの形が多いですが、フリースタイル分娩だと立ち上がったまま・四つん這い・横向け等の体勢で出産できます。このように拘束されない自分の好きな体勢で出産できることは、ただでさえ緊張と不安が多い出産なのでリラックスできる良い方法ではないでしょうか。また無痛分娩や和痛分娩を選ぶ方も増えているのもあり、フリースタイル分娩も併せて注目を集めています。

ますます広がっていく

最近では夫や家族が出産に立ち会うことは珍しくなく、喜びや苦しみを共有する出産の形が増えています。フリースタイル分娩は、ママが楽な体勢で出産するだけでなく夫から触れられている状態で出産が可能なのです。例えば、後ろから支えられている状態や足を上げてもらう等のスキンシップがある中で、出産に望めるのも特徴です。そうすることで、自分たちの赤ちゃんだという強い認識が生まれますし、ママの心強い味方となり安心材料になるのではないでしょうか。現在では自由なスタイルが好まれている傾向があります。そのため、ますますフリースタイル分娩を選択する方が増え、病院によってもこの分娩の形が可能な設備や環境に整えられていくといえるのではないでしょうか。現在でも全国的にフリースタイル分娩が可能な病院が増えつつあります。フリースタイル分娩のときのフォロー体制や費用などを比較した上で、どこの病院、あるいは助産院にするかを決めていきましょう。

胎児への影響

医者

食事による適正な水銀摂取量に関する国のリーフレットを、婦人科では妊婦に啓蒙しています。また妊婦の食事でイソフラボンを過剰摂取することも、婦人科では妊婦によく指導しています。したがって水銀とイソフラボンを過剰摂取しないことが、胎児に良い食事です。

もっと詳しく

女性の病気と病院選び

医者

婦人科系の病気は、早期発見と早期治療開始が治療に大切なポイントとなります。普段から定期検診を受けたり生活習慣を見直すなど、自分の身体の変化に気を配る必要があります。川崎にはたくさんの婦人科や産婦人科がありますが、それぞれの役割や受けられる助成についてもしっかりと考えて病院を選ぶことが大切です。

もっと詳しく

サプリを上手く使おう

夫婦

妊活サプリは食後のタイミングで摂取することをおすすめします。摂取する際には、ジュースなどではなく水もしくは白湯で摂取するようにしましょう。妊活サプリだけに頼らず、普段の食事の見直しなどを行う必要もあります。

もっと詳しく